› サイレント・ドライブ › 自動車一般 › 改造というなの製造

2015年02月17日

改造というなの製造

日本国内では英国などのようなBYGメーカーが成立するのはかなり難しいです。



BUBU社のように改造車として新車を製造する形以外は難しいのかなと思うのであります。勢い、元車と比べて高額になってしまいます。それでも支持してもらえるようなデザインとかが必要なんだろうなと思います。リスペクトしてレプリカとかモディファイとか、まあいろいろ考えるのではありますが、家電とか日用品とかでは一人メーカーは可能ですが、自動車ではどうなんだろうかと日々考えます。

日本の旧車も既に金属疲労を起こしている感じです。デザインはそのままで、中身を新しくするのが良いと思います。対象の車に惚れるのは、大きくはデザインやストーリーなんだと思うのです。エンジンが〜走りが〜とかはその次の話で。例えば、マツダのR360クーペをサイズアップしてR660クーペとか、小型車化してR1000クーペでも良いのではと思います。中身は660の場合ならアルトやミラの低価格モデルの中身を使って、軽量スポーツを製造する。まあ、改造という名目でないと難しいかなと。

いろいろ困難だらけで、夜に見る夢みたいな状態になって停滞していますが、ボチボチと実現に向けて動きたいなと思います。




同じカテゴリー(自動車一般)の記事画像
クラシック・MINI輸入NO1
ガラ軽
ハイブリッドエアー
タイヤチェーン
TOYOTA2000GTスケールモデル
自動車にNFC
同じカテゴリー(自動車一般)の記事
 クラシック・MINI輸入NO1 (2014-07-18 17:13)
 残念なご連絡 (2013-04-16 11:15)
 ガラ軽 (2013-04-06 10:17)
 ハイブリッドエアー (2013-02-24 11:03)
 タイヤチェーン (2013-01-22 11:09)
 TOYOTA2000GTスケールモデル (2013-01-14 11:42)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。