› サイレント・ドライブ › 2016年05月

2016年05月27日

リーフ500km超へ!

日産が60kWhの電池パック、航続距離500km超へ



日産自動車は2016年5月25日、電池容量を60kWhに高めた電気自動車(EV)用のリチウムイオン電池パックを「人とくるまのテクノロジー展 2016」(2016年5月25~27日、パシフィコ横浜)に参考出品した。

電池パックは参考出品で、リーフに搭載する電池パックと、縦横の寸法は同じながら、高さは高くなっている。現行型の30kWh仕様のリーフでは、ラミネート型電池のセルを8枚重ねて一つのモジュールとし、それを金属製ケースに入れて積み重ねている。一方、今回展示した60kWh品では、セルを樹脂製のケースに入れて単純に積層しているようだ。日経テクノロジー

サイズが少し大きいとなると、現行のように初期型と交換というわけには行かないか?現行型の発表時、純正ではないけど500km程度走行可能なバッテリーの発表があったのだが、中古車を買って使いまわして、バッテリの能力が落ちて交換!という頃には高性能なバッテリーが安く手に入るかも知れない。いよいよ、ようやく、そんな時代が来たかなと、ちょっとうれしく思う今日この頃ですね。




  

Posted by 神前あそん at 22:46Comments(0)電気自動車