› サイレント・ドライブ › 2013年01月

2013年01月30日

GS過疎地増加

消防法の改正で日本中からガソリンスタンド(GS)がどんどん減っている。



設置から40年以上経過した地下タンクは1.タンク交換 2.強化プラスチックでの内面コーティング 3.油漏れ探知器の設置などを施さなければならない、ことになったのだ。消防庁の調べによると、設置から地下タンクが40年以上経過したGSが全国に約4万3000店あり、このうち、対策を施しているのは3割に満たないという。対策をとっていなければ、今年2月以降は、営業が認められなくなる。すでに地方では、家から半径5km以内にGSが1軒もない地域が続出しているという。都会に比べて、鉄道やバスなどの交通網が整備されていない地方に暮らす人にとっては、ある意味、死活問題だ。@DIME

代替燃料(藻由来の油などなど)はGSが無くなると給油できないことになります。発電所で燃やして電機として利用することが現実になるかも知れません。天然ガスも同じです。燃料電池への燃料供給は小規模な施設でも可能ですが、水素ステーションとなるといろいろとハードルが高いと思います。

せっかく燃費の良い車が増えてきているのに、燃料を入れに行くのにせっかく向上した燃費の分を使用するのでは本末転倒ではないかと思うのであります。で、EVが注目されるかというと、まだまだ高額であることが大きなネックです。安全性についても実際に事故が起こっていないわけで高圧電力は不安の一つでもあります。

EVは充電に時間がかかりますが、基本自宅充電であることを考えればまだ少ない充電設備でも普及率から考えれば問題はない気がします。燃料電池も水素直接ではなくガスを供給するとか、天然ガス車を増やして自宅でガス充填とか・・・危険が危ないか?(笑)

しかし、燃費の良い車が増えればこれもまたGSの減少に拍車をかけるかも知れません。痛し痒しです。ということで、自宅で充電、充填できる自動車、特にEVをより発展させるしかないのかも知れません。航空機がらみでリチウムバッテリーの不安が出るかも知れませんが、よりいっそうの開発を望みます。

  


Posted by 神前あそん at 11:30Comments(0)電気自動車

2013年01月30日

PSA VeLV

PSAプジョーシトロエンは1月22日、先進技術発表会において、『VeLV』を初公開。



もともとVeLVは2011年9月、『VELV』として披露。PSAプジョーシトロエンが、フランス政府の環境エネルギー管理庁と共同開発した都市型小型EVの提案だった。今回のVeLVは、その進化形にあたる。

VeLVでは、ボディパネルをアグレッシブなデザインに変更。三輪の小型EVというコンセプトはそのままに、いっそう人目を引くデザインが追求された。ボディサイズは、全長がわずか2810mm。車両重量は700kg以下と軽量で、3名が乗車できる。Response

やはり軽量化が性能向上に寄与することは明白なようです。8.5kWhのバッテリーで最高速度110km/hと一充電航続距離100kmは、バッテリー価格との兼ね合いでもっと積んで走行距離を増やすことも出来ますね。ただ、この画像を見る限り3輪にこだわる必要がないような気がします。3輪ぽい4輪ですし・・・

  


Posted by 神前あそん at 10:56Comments(0)電気自動車

2013年01月28日

i-MiEVブレーキリコール

三菱自動車工業はブレーキ負圧電動ポンプのリコールを届け出た。



不具合は2ヵ所で、(1)ブレーキ負圧電動ポンプのロータの加工が不適切なため、先端が鋭利な形状となり、ロータの先端が欠けて負圧ポンプが作動せず、制動距離が長くなるおそれがある(2)ブレーキ負圧電動ポンプのベーンの検査が不適切なため、亀裂があるものを組み付け、ベーンが破損して負圧ポンプが作動せず、制動距離が長くなるおそれがある。Response

純EVではブレーキアシストとして負圧ポンプが使われています。利くもんだと思っていたら利かなかったというのは恐いですね。幸い事故などは起きてはいないようです。早い段階で判明したことは良かったのではないでしょうか。

エンジン車では通常エンジン排気を利用していますが、EVではそれがないので電動ポンプで負圧を起こしブレーキをアシストします。無ければ重くなり、同じ踏み込みでは利きが悪いということになります。三菱に限らず走行中に気がついたら、回生ブレーキをうまく使い速やかに停止、修理が吉かなと思います。

  


Posted by 神前あそん at 09:50Comments(0)電気自動車

2013年01月25日

TOYOTABMW空気電池共同研究

TOYOTAとBMWが「リチウム空気電池」を共同研究すると発表しました。



リチウムと空気中の酸素を化学反応させて電気エネルギーを取り出すもので、現在のリチウム電池の性能を大幅に向上できる。協業関係を着実に深化させている両社だが、資本提携についてはそれぞれ否定した。REUTERS

IBMが多くの企業を取り込みリチウム空気電池の研究開発を行っていますが、慎重なTOYOTAが共同研究を発表したということは、燃料電池と共に次世代の有力な動力源と位置づけたということでしょうか。

製品時で少なくとも現行のリチウム電池と同サイズで4倍の能力があるといわれています。現行のバッテリーが仮に低価格化しても問う裁量が増えれば重量が増え過ぎます。能力が4倍であれば現行のEVに積まれるものと同僚程度で4倍走行できることになります。これなら、EVの価値は一挙に高まることになります。ただ、価格はどうなのか?これがもっとも重要なファクターですね。

EV用駐車スペースの表示とか?
  


Posted by 神前あそん at 12:23Comments(0)電気自動車

2013年01月23日

Delta E-4 Coupe

Qualcommが「オートモーティブ ワールド2013」に初出展した。



クアルコムといえば、スマートフォン向けプロセッサ「Snapdragon」などで知られている。しかし、オートモーティブワールドで展示したのは、Delta Motorsportsの電気自動車(EV)スポーツカー「Delta E-4 Coupe」である。このDelta E-4 Coupeに、クアルコムが開発したワイヤレス充電システム「Qualcomm Halo」が搭載されているのだ。MONO

クアルコムが展示した「Delta E-4 Coupe」。「Sport Version」グレードであれば、時速0~100km加速は4秒、最高時速は240kmに達する。容量48kWhの電池を搭載しており、満充電からの走行距離は320kmとなっている。

充電システムの標準化でもめていますが、いずれはワイヤレス給電が主流になることは間違いないと思います。で、ワイヤレス給電でも標準化争いはあるのだろうなと思うのであります。

「Delta E-4 Coupe」のデザインはチラ見すると前から見たらリーフやポルシェのライト違いにも見えたり、なかなかのカオスっぷりです。でも、多くの試作車が出てくるとそれに関わる企業が必要なパーツを新たに開発したりして、コンバート向けや小零細メーカーにも大きなメリットがあるのではないかなと思います。

「Delta E-4 Coupe」
  


Posted by 神前あそん at 17:57Comments(0)電気自動車

2013年01月22日

タイヤチェーン

たった5cmの積雪でパニックになる都市部の映像を見て。


今朝のTVで物流関係のレポートを流していました。さすがプロで、約70kmの道のりでタイヤチェーンを4回付けたり外したり。

雪は慣れだけではなくそれようの準備が必要です。都市部の方もせめてタイヤチェーンくらいは携行しておいた方が吉ではないかと思うのであります。製品によっては着脱も簡単で耐久性も高いものがあるようですから。

ゴム系のタイヤチェーン

  
タグ :自動車


Posted by 神前あそん at 11:09Comments(0)自動車一般

2013年01月21日

GSユアサバッテリー事故

GSユアサの本社工場への立ち入り検査が国土交通省と米連邦航空局の合同で行われました。



TVニュースだけでは良く分からないのですが(過充電はないとかなんとか、ボイスレコーダーの電圧がなんたら・・・)、バッテリーの周辺機器に調査を広げるということでした。給油関連でも不都合が出ているので電気系統に不都合があることは予想できます。BMSか?配線か?充電器か?接続機器側か?接続機器への配線か?

とはいえ、かつての携帯向けリチウム電池の不都合により改善が進んでいます。潰れたからといっても直ぐには燃えたり焦げたりはしないはずです。まして自動車で実績がある昨今の電池が電池単体のせいで今回のような事故が起きるとは考えにくいです。

フランスのタレス社というところに納入しているとのことで、それがセル単体での納入なのか?BMSまで含めた納入なのか?それによっても違ってきます。航空機への組込みがどのように行われているのか?それによってもまた違ってきます。原因追求にはもう少し時間がかかりそうですね。

幸い人命に関わる事故にはならず良かったなと思います。ところで、まさか水気によるショートとかはないですよね。飛行中に凍ってそれが溶けてとか・・

  


Posted by 神前あそん at 18:45Comments(0)雑記雑感

2013年01月21日

大阪発EV三輪車

大阪のベンチャー、ケイズ技研はオートモーティブワールド13にユニークな電動三輪車を出展した。



電動バイクとかアシスト自転車のカテゴリーのような気がしますが、EVカテゴリーとします。この電動三輪車は後輪が地面に対して自由に角度が変えられるようになっているので、カーブもオートバイのように車体を傾けながら曲がることができる。「二輪の快適性と三輪の安全性を兼ね備えた乗り物と言っていいでしょう」と同社の稼農公也代表。このシンクロシステムは特許を取得済みとのこと。

主な仕様としては、全長180cm、全幅70cm、全高125cm、重量約85kgで二人乗り。バッテリーはリチウムイオン電池で、6時間の普通充電で約40kmの走行が可能。普通自動車免許を持っていれば、誰でも運転できる。Response

この手の三輪車はGLMで既に発表されていますね。普通自動車免許とありますが、原付免許でもいけそうな仕様では?と思います。このクラスであれば、電動アシスト三輪車で良いのではないかと思ったり思わなかったり・・・

  


Posted by 神前あそん at 12:45Comments(0)電気自動車

2013年01月20日

島根県松江EV

島根県次世代自動車等技術研究会はオートモティブワールド13に試作EVを展示。



同研究会は島根県にある企業44社と、島根大学、島根県産業技術センターが集まって結成された組織で、次世代を担う自動車の開発を通じて今後の自動車関連市場に対応できる技術開発、技術の高度化、人材育成を目的としている。その次世代を担う自動車第1号が、今回展示したものだ。Response

市販化を目指すといいつつも形状から観光向けであることが分かります。馬車のような電気自動車で、5人乗り。全長2380mm、全幅1300mm、全高1600mm、重量320kgで、モーターは後輪のインホイールモーターとなっており、最高速度は60km/h。電池はリチウムイオン電池を使用し、約4時間の充電で約50km走行できるそうだ。そして、ハンドルは円形ではなく、バイクのようなバーになっている。とのことですが、実際には時速20km程度での運用を考えています。

超小型モビリティーの地産地消モデル推進のような話がありますが、このサイズ、乗員定数であれば別枠での登録が必要になるのではないかと思います。日本の制度や規制がもっと柔軟にならなければ発展は・・・まあ、命を乗せて走るわけでいろいろ難しい問題があることは分かります。

でも、こんな感じのは米国のゴルフカーとで沢山ありますがね。

  


Posted by 神前あそん at 10:01Comments(0)電気自動車

2013年01月17日

現代自動車EV

オートモーティブ13でヒュンデがEV量産計画を発表。



ヒュンデといえばBule-on、Rayなど少量生産の実験車の販売をしていますが、電池の価格や寿命の問題を克服したとして2014年から順次発売を始めるとのことだ。

オートモーティブ13の講演で「2014年にスモールサイズCUV(クロスオーバー・ユーティリティ・ビークル)タイプのEVを、2015年にはスモールサイズセダンタイプのEVの量産をそれぞれ開始する」と述べた。具体的な生産規模は示さなかったResponse

問題は韓国では先進国に比べEVに対する政策があまりないということです。輸出が主であるヒュンデであっても自国内でEVの投入が出来ないのであれば、いろいろな点で不利が出てくることはいなめません。とはいえ、エンジン開発が出来ない韓国メーカーにとってはEVの方が他社と比べて対抗できる幅が広がる可能性はあります。

日本を含めた他国にも言えることですが、安さを武器にした中国製EVが出回るときにどの程度の優位性を出せるか、製品がある程度の水準であれば頭の痛い問題が増えるかも知れません。現在の技術的優位性の差ほどEVでは差が出ないかも知れませんから。

オートモーティブ13でのプレゼン画面
  


Posted by 神前あそん at 09:43Comments(0)電気自動車

2013年01月16日

日産のHVシフト

日産はモデルチェンジを含めて2016年までに15モデルのハイブリッド車(HV)を投入する。



志賀COOは、「最終的には、EVや燃料電池車(FCV)といった排気ガスを出さない電気モーター駆動車にシフトしていく、という長期的な流れには変化はない。方針を変えたわけではない」と言う。だが、新たに打ち出したHVの大量投下は、EVを先行させたエコカー戦略を修正したことを意味する。TYOKEIZAI

ただ、HVは2L以上の中型車の分野だけという当初のスタンスは変えないようです。とはいえ、他社が中小型車の分野でHVを投入しているので、競争の激化により収益に大きな影響があればそのスタンスは変更されることは考えられます。

いずれはEVやFCVなどモーターを動力とした自動車が主流になることは明白ですが、その時期となるといつといえる方は何処にもいないと思います。今回のモデルチェンジを含めたHV戦略にプラグインは1車種だけとのことですが、モーター動力車が主流になると明言している限りはPHVをもっと投入すべきではないかと思うのであります。その際にはレンジエクステンダータイプを希望します。

例えば、リーフに小型の発電用エンジンを搭載してレンジエクステンダータイプのEVにするくらいの大幅なマイナーチェンジがあっても良いのではないかと思います。この場合、小型であればガス発電機でもかまいません。どうせならそこまでやって欲しいなと。三菱がEVを主体としたPHEVを発売したように。

  


Posted by 神前あそん at 09:51Comments(0)電気自動車

2013年01月16日

APEV共同購入

APEVが超小型EV向けモーター/インバータを共同購入へ、価格目標は500ドル。



電気自動車普及協議会(APEV)は、2人乗りの超小型電気自動車(EV)の開発促進を目的に、共同購入によって走行用のモーターとインバータを従来よりも安価に入手するための取り組みを進めている。価格目標は、最高出力が5kWのモーターと、このモーターを駆動するインバータの合計で約500米ドル(約4万4000円)である。MONO

今回の共同購入の取り組みのベースになっているのが、フィリピンの交通機関として広く利用されている三輪タクシー(トライシクル)を代替する超小型EVの開発プロジェクトである。apevはこのプロジェクトに関わっているので、自プロジェクトのためという側面はありますが、何回かいうようにドイツのアーヘン工科大学のような取組が日本にない限りは、今回の提案はコンバートEVを含めEV製造に関わる企業には良い提案ではないかと思います。

このやり方であれば、例えば大メーカーから調達した方がより安く信頼性の高いパーツの入手が可能になります。ある程度のロットがあれば大メーカーは提供しなければいけないという決まりを作ることが前提ですが、普及と安全性のためには必要な措置ではないかと思うのであります。大した量にはならないかも知れませんが。

  


Posted by 神前あそん at 09:05Comments(0)電気自動車

2013年01月15日

デルタフォースP356EV

ポルシェ風ではなく1957製のP356をEVコンバージョンしました。



東京モーター・サロン2013での出展車両です。少し高額であるため限定販売の上限に届いているのかは不明です。スペックを見ると、バッテリーはリチウムイオンで、総電力量は21.6kWhとある程度高額であることは仕方がないことかなとは思います。それでも車重が920kg(総重量1020kg)とまずまずの重量に仕上がっています。(クルマノミライ)モーターはAC50のようで、総電力量が21.6kWhで重量が総重量が1020kgで走行可能距離が160kmといったスペックです。

以前も取り上げたことがあるデルタフォース社。会社が例のトンデモ会社と同じような事業体でしたので、アレじゃない?といった話も一部にありましたが、代表者とメールのやり取りをしてそうではないことが判明しています。

この車はアメリカでも有名なEVコンバートおじさんのところでコンバートしているものですが、レプリカではないというところも高額化の要因かも知れません。レプリカ車でエンジン付で3万ドル程度でUSでは手に入ります。なので、今後はレプリカ車でも販売した方が事業的には良いのではないかと思います。まあ、考えているのでしょうが。

こちらはレストアしたNUVA500コンバートEVの持込を考えています。とりあえず主にNUVA500をレストアしている小さなビルダーとは話が出来ています。ただ、コンバートは未経験なので国内でコンバートすることになるかと思います。まあ、思っているだけで、MINI Hummerの件もなかなか進まないという体たらくなのでいつになるかは未定です。(笑)

ということで、スポンサーさんやら投資家さん、パートナーさんと出会えたらなあとか思ったりしている雪の朝だったりします。

デルタフォースP356EV
  


Posted by 神前あそん at 11:25Comments(0)電気自動車

2013年01月14日

TOYOTA2000GTスケールモデル

東京モーターサロンwith NAPAC、史上最軽量のトヨタ2000GTが出展。



この車両は高校生が製作したフルスケールモデルで、車体は発砲スチロールで出来ている。数人で持ち上げて移動する事も出来るほど軽量に仕上げられているとのことだ。autoblog

出来栄えは秀逸だ。この車両を製作したのは愛知県立岡崎工業高校の機械デザイン科の生徒である。トヨタ「2000GT」のレプリカを見ながら生徒が実習として作成したもので、寸法等は実際のサイズと寸分たがわぬリアルに仕上げられている。

高校生やるな!というくらいの出来栄えです。前回の自動車専門学校生の出展といい、すんげ~と感心しきりです。いつも思うのですが、最近の若いやつらはなかなかやるなと。おっさんは敵いません・・・(笑)

発泡スチロール製とは思えない出来栄えのトヨタ2000GT
  


Posted by 神前あそん at 11:42Comments(0)自動車一般

2013年01月13日

TOKYO AUTO SALON 2013

東京オートサロンでは自動車系専門学校の出展が密かな名物になっている。



電気自動車の整備士は市場では圧倒的に数が少なく、これから力を入れて育てていきたいという分野なのだそうです。そういった整備士の範疇にはコンバートEVの製作も入るとのことで出展車両製作もこれからは電気自動車が増えてくるだろうということ。

そして、これからの自動車は1台のライフスパンが長く、板金職人の活躍が今以上に必要となってくるとのことで、その分野と電気自動車が組み合わさって出来たのが、このビートルだということなのです。clicccar

学生でここまでの仕上がりということで、既に多くの技術を取得されているのだなと感心しきりです。一台のライフスパンが長くなるというのは疑問の余地もあるのですが、仮にコンバート費用が現在の半分以下になればEVとして延命させるということは多くなるかも知れません。ただ、ここまでの仕上がりであればバッテリーの配置についても心配りがあっても良いなと思うのであります。

  


Posted by 神前あそん at 12:42Comments(0)電気自動車

2013年01月12日

パナソニック小型インバーター

CES2013、パナソニックがEV用インバータ事業へ積極参入、小型軽量化で道筋。



パナソニックは、CES2013においてEV向けの充電器、DC-DCコンバータ、ジャンクションボックス、駆動系インバータをタワー型に一体化したモジュールボックスを出展した。配線が目立たず、軽量化にもメリットがあるとして自動車メーカーに売り込んでいく。Response

モーターは他社製を前提、DC-DCコンバーターも一体化で部品点数を減らす。コンパクトですっきりした形にした。さらにヒートマネージメントの一体運用も出来冬場のエアコンに貢献する。


今のところ国内のEV、HV主力自動車メーカーは系列や提携その他で自社内製の形を取っているため、この製品の優位性は少ないと思います。ただ、今後早急にEVやPHEVなどの製品化を目指すメーカーにとって必要とされる製品になる可能性は高いのではないでしょうか。

こういうものが一般化して初めてメーカー直接取引以外に波及するわけで、超小規模メーカーやCEVなどの改造メーカーへの出荷は当分後になると思います。しかし、こういうのが出てくると小規模メーカーや改造メーカーにとっては助かるのですがね。

  


Posted by 神前あそん at 12:55Comments(0)電気自動車

2013年01月06日

信州版EV

「信州版EV」開発へ県内企業の研究会。



県内の金属加工や精密部品のメーカーなど約20社でつくる「EV(電気自動車)時代に向けた新技術研究会」がことし、「信州版EV」の開発に乗り出す。大手メーカーと競うのではなく、長野県らしさを前面に出して山岳観光向けや農林業向けなどに用途を特化させたEVを目指す。行政などとも連携し、県内のものづくり産業を活性化しようという狙いも込めている。信毎Web

今後雨後の筍のように記事と同様の取組が始まり、多くのEVメーカーが出現してくることと思います。先のブログ記事にあるような形もまた後押しするかも知れません。国内における自動車の創成期、二輪車の創成期のように多くの企業が出現し淘汰され残った企業が強いものになるのでしょう。

ただ、EVは構造がシンプルで排ガスも出ないため、大手のようにガソリン車と同等の走行性能を求めない車種なら、中小企業でも商品化できるとされる。研究会事務局の県テクノ財団アルプスハイランド地域センター(松本市)の川手修一テクノコーディネータは「環境に優しくデザインの自由度も高い。大手と競合する分野で争うのでなく、従来の自動車と違う新しい使い方を提案したい」と話す。このように従来の自動車と違う分野は何処かが問題になると思います。

儲かる分野になれば大手が進出しないわけがないです。大手がやらない(出来ればやれない)分野で、かつ収益が見込めるものでなければいけません。シンプルだから簡単だからというだけでは、途上国がそれに進出して手強いライバルになることは見えています。

  


Posted by 神前あそん at 12:35Comments(0)電気自動車

2013年01月06日

超小型モビリティー認定制度

「超小型モビリティ認定制度は都市活性化のツール」…国交省自動車局担当者インタビュー



日産自動車が2人乗りの超小型モビリティで国土交通大臣認定を取得し、公道走行実証実験への参加を発表したのは2011年9月。それから1年も経たない2012年6月には国土交通省が導入に向けたガイドラインを発表した。Response

12月には検討中の認定制度を公表するとともに、パブリックコメントを募集した。制度の公布と施行は来年1月を予定しているという。急ピッチで導入を進める同省自動車局技術政策課の永井啓文氏に伺った。


当初予想とかなり違っているようです。ホント地産地消的なことが前面に出ています。「新しい規格を設けるのではなく、軽自動車の基準緩和」で対応するとのことで、財務省とか税金がらみの匂いがぷんぷんします。とはいえ、ある程度の自由化ということで「ステップ・バイ・ステップで進めていって、最終的には新しい規格に行き着く方向を考えています。」という言葉を信じて期待することにしようと思います。

  


Posted by 神前あそん at 10:54Comments(0)電気自動車

2013年01月01日

風力発電EV

チャイナ!あなどれん!!(笑)とにかくやってみるは見習いたい姿勢かな・・・



中国で農家を営む55歳の男性、Tang Zhenpingさんが自らの手で作り上げた、走りながら風力発電する電気自動車。時速64キロを超えると車体前部のプロペラが作動し、風力発電によってバッテリーに電力を蓄えながら走行。風力発電を用いない場合に比べ、3倍もの距離を走行できるようになるんだそうな。

オートバイや電動スクーターなどの部品を組み合わせ、約3ヶ月で作り上げたそうで、かかった費用は1000ポンドほど。

こういう素直な発想を実際に形にしてしまえるところは、中国人の凄い所だと思う。反日の中国人でなければなおよろし!(笑)

  


Posted by 神前あそん at 10:28Comments(0)電気自動車

2013年01月01日

謹賀新年

激動の2012が終り、ささやかな希望を持って2013年が明けました。



こんなブログではありますが、それでも複数のユニークユーザーさんもいるようで、今年もよろしくお願いいたします。

電気自動車を作ったり売ったりするという希望はまだかなえられていませんが今年は何とか出来れば良いなと、新年において思いを新たにしています。

  


Posted by 神前あそん at 08:10Comments(0)電気自動車