› サイレント・ドライブ › 2011年03月

2011年03月28日

ガソリン不足

ガソリン給油に並んで一酸化炭素中毒という事故がまたありました。


被災地では深刻なガソリンや燃料不足とのことですが、臨時給油所でドラム缶からの無料給油が始まりました。遠くまで買物にいかなくてはならないから車もガソリンも必要です。ところで、近所の方々と共同で買物に出かけているのでしょうか?こういう時こそ助け合いということで、なるべく集団で動くのが安全の点でも良いのでは無いかと思います。

ここ石川でも不足する商品が出ています。関東にお住まいのご家族やご親戚に送ってあげるため買い求めているようです。単一電池は早いうちに、ミネラルウォーターやカセットコンロ、そのガスボンベなどなど。いつ入荷するのか分からないものも多くなって来ています。ミネラルウォーターなどは普段の~10倍の注文があるという工場もあるようです。プライベートブランドも供給力がなくなって来ています。そこの来て政府調達で市中に回りにくくなっているようです。そこまで規模の大きい震災であるということが分かりますね。

  

Posted by 神前あそん at 08:38Comments(0)雑記雑感

2011年03月24日

日本産食品

ほうれん草などから放射性物質が検出されたとのことで流通が止まっています。


将来に渡る日本産食品の安心安全を保つためには、思い切って処分をするのもやむなしと思います。その代わり、出荷停止の食品以外の地域のものは安心して食せば良いのです。ヒステリックになりほうれん草なら何処のものも食べないような馬鹿は止めましょう。ただし、廃棄処分については政府は思い切った補償をすべきです。被災で生産が適わないところは別として、生産可能な場所は生産しないと将来の生産に問題が起こります。今求められるのは、政府の思い切った施策です。期待を裏切って欲しいと思うのですが・・・無理か?

  

Posted by 神前あそん at 19:06Comments(0)雑記雑感

2011年03月20日

計画停電

首都圏の友人知人に連絡して、停電で仕事にならんでしょう?と尋ねます。


いや、うちは対象から外れているとか。じゃあ仕事が進められるねという感じです。被災地支援は支援で、日々の活動はやらなくてはいけません。特に経済活動はひいては復興の一助となります。しかし、友人知人は別として計画停電で困っているところも多いようです。火力発電の修理復旧や増強で4月末には計画停電を止めたいとのアナウンスがありました。原発が事故だから電力不足なのではありません。火力発電所が止まっているからです。ここ石川では原発が止まっても電力には問題はありませんね。

ところで、首都圏の皆さんが被災地のために節電云々といってますが、残念ですが効果はありません。被災地は東北電力管内ですから。東京電力の発電所は自管内にはほとんどありません。首都圏に電気を送るための原発で事故が起こったのです。風評被害、間違った情報で宿泊拒否などが起きているとか、いわれのない差別は止めて欲しいものです。

  

Posted by 神前あそん at 17:48Comments(0)雑記雑感

2011年03月20日

心優しき松井選手

大きな災害には必ず寄付義捐金を拠出する松井秀喜選手。


今回も日本赤十字社石川支部を通じ5000万円の義捐金を拠出しました。出身地を通してというのがとても松井選手らしいと思います。松井選手の英語はほとんど聞いたことがありませんが、今回球団HPで支援を求めるスピーチがありました。後は活躍で元気付けるだけですね。特別なことがあるとさらに活躍をする松井選手です。今年は日本を元気付けようとアドレナリンが知らず知らずのうちに出まくり、とても良い成績とチームの優勝に貢献するのではないかとひそかに確信しています。



  


Posted by 神前あそん at 11:51Comments(0)雑記雑感

2011年03月19日

自衛隊から不満の声

福島第1原発への海水投下をめぐる北沢俊美防衛相の発言。

人のせいにして文句を言うのがうまい野党魂が抜けない現政権では、自ら重大な決断をすることが出来ず、自衛隊を暴力装置とかいう幹部では・・・自衛隊をはじめ被災地、原発で不休の作業をしている方々が報われません。政治家は心に無いことをいうのがうまいはず、それならばせめて口だけでも感謝の意を示せばよいものをと・・それさえ出来ずテンパッテいるのなら国を任せることなど出来ません。

『福島第1原発への海水投下をめぐり、北沢俊美防衛相が任務決断の責任を折木良一統合幕僚長に転嫁するかのような発言をしたことに対し、自衛隊内から反発の声が上がっている。北沢氏は陸上自衛隊のヘリが17日に原発3号機に海水を投下した後、「私と菅直人首相が昨日(16日)話し合いをするなかで結論に達した」と政治主導を強調する一方で、「首相と私の重い決断を、統合幕僚長が判断し、自ら決心した」と述べた。』

『この発言について、ある自衛隊幹部は「隊員の身に危険があるときほど大臣の命令だと強調すべきだが、逆に統幕長に責任を押しつけた」と批判する。北沢氏は17、18両日の2度の会見でヘリの乗員をねぎらう言葉も一言も発しなかった。』

『首相も最高指揮官たる自覚はない。首相は17日夕、官邸での会議で「危険な中での作戦を実行された隊員はじめ自衛隊のみなさんに心から感謝を申し上げます」と述べたが、地震発生以来、一度も防衛省を激励に訪れたことはない。』

『こうしたなか、現職自衛官の悲痛な訴えが18日、インターネットメディア「JBpress」に載った。海水投下も記述したうえで、こう締めくくっている。「隊員を喜んで死地に向かわせるのは、自衛隊最高指揮官である内閣総理大臣をはじめとする、防衛大臣などの各級指揮官の堅確な意志と熱誠を込めた言葉です。」死地に向かわせるなら、指揮官陣頭であるべきです。』


災害の不幸と、こういう政権が国の舵取りをしている不幸、二つあわせるとより大きな不幸になりますね。被災者の皆様の困難をより感じて心配です。涙が出ます。

  
タグ :震災


Posted by 神前あそん at 17:43Comments(0)雑記雑感

2011年03月19日

報道の裏側

政治経済だけではなく災害情報さえもマスゴミのさじ加減次第なのかも知れません。


俳優の辰巳琢郎さんのブログ「道草日記」では氏の石巻市の友人からの窮状を伝えています。マスゴミはこういう情報を正確に流すべきでしょう。災害でさえ恣意的に自らが流したいものだけを流しているのではないかと疑ってしまいます。例えば津波の映像でも海外に流されたものとは違い、見せたくないところを編集しているようです。憶測でジャーナリスト個人の意見を流すのは問題ですが、現地にいるのなら本当に情報発信したい被災者の声に耳を傾けて欲しいと思います。

  
タグ :震災


Posted by 神前あそん at 09:08Comments(0)雑記雑感

2011年03月18日

電力事情

ガソリン自動車はガソリンがなければ、電気自動車は電気がなければ走れません。


今回の震災で首都圏を含め電力事情が非常に悪くなっています。あまり報道されませんが、多くの火力発電所に被害があったとのことです。電力につきましては、原発事故ではなくこちらの方が問題なのです。早急な修理復旧をお願いしたいと思います。首都圏は日本の経済のけん引役として立ち止まることは出来ません。しかし、計画停電だとかで無理やり立ち止まらされてしまいます。東電は情報を隠さず、自社だけで処理しようとせず多くの協力を申し出て欲しいと思います。原発事故の処理は大変でしょうが、電気がなければ国が止まるという自負の下、出来得る限りのことをしていただきたいと思います。


災害時にはガソリン自動車以上に電気自動車は無力かも知れません。しかし、ガソリンを自分で作ることは出来ませんが、電気は自分で作ることが出来る場合があります。コンパクトで強力な太陽光発電機や風力発電機があれば、災害時にも電気自動車は機能しますね。まだまだ一充電の走行距離は少ないですが、自然エネルギーの発電機とともに今後の進歩を待ちたいと思います。この震災を教訓にいろいろ考えていかなければ、被害にあわれた方々に申し訳が立たないと思うのです。

今回の震災は津波による被害が過去の震災の比では無い、非常に大きな被害をもたらしています。当分の間は大きな余震もありますので、十分ご注意をしていただきたいと思います。そして改めて被害にあわれた皆様のご冥福と、避難されている皆様のご健康を重ねてお祈りします。

  

Posted by 神前あそん at 12:46Comments(0)電気自動車

2011年03月13日

頑張れ被災者

アフガニスタンが支援表明

アフガニスタンのカンダハル州のグラム・ハイダル・ハミディ市長は12日、東日本大震災の被災者に義援金5万ドル(約400万円)を送ることを表明した。、カンダハル州は反政府勢力タリバンとの内戦が最も激しい地域の一つ。それにも関わらず、これまでに日本がアフガン復興を熱心に支援してきたことへの恩返しとして、「市民を代表して地震と津波の被災者を支援したい」と述べているという。アフガニスタンの生活水準では、国民の3分の2が、1日あたり2ドルという生活水準だとも言われており、いかに大きな金額かが理解できる。『AFP通信』

先人達の活動が認められたということですね。世界中があなた方を見守っています。お亡くなりになられた方にはご冥福を祈るしかありませんが、今苦境に耐えている被災者の皆様には日本国民のみならず世界中が応援しています。

  

Posted by 神前あそん at 17:17Comments(0)雑記雑感

2011年03月13日

被災地までの道路

被災地までの道路事情が悪く、救済も進まないのではないかと気が気ではないです。


自衛隊は10万人規模になり、米軍が海からの救助を申し出ているとのことで期待したいと思います。その他の国々も支援を表明し日本に向かっているところもあるようです。特に自衛隊員は自ら、また自らの家族が被災しても救助に向かうことになっています。顔を見たら感謝の言葉をかけてあげてください。

能登半島地震のときも自衛隊をはじめ全国の消防隊などが列をなして救援に来てくれました。被災地に来るまでの道路事情は悪くなく、震度やマグネチュード加速度を示すガルなどが大きかった割には人口密度の関係、建物の強度の関係などで思ったほどの被害ではありませんでした。今回の地震はあちこち頻発し、大きな津波もあり未曾有の災害となっています。あらゆる手を尽くして救援を待つ被災者を救助して欲しいと願うだけです。  

Posted by 神前あそん at 12:10Comments(0)雑記雑感

2011年03月12日

福島原発事故

東京電力、原子力保安委、政府とも対応がまずすぎて疑心暗鬼になります。


原発の故障自体は地震や津波が原因でしょうが、その後の対応がまずすぎてこれは事故としかいいようがありません。福島第一原発一号機の爆発映像を見ました。爆発前と爆発後の画像も見ました。爆発から3時間も経ってようやく記者会見で、なにも内容が無い会見です。記者の質問も頭が悪そうな質問でしたが、中には突くべく所を突いた質問もありましたが、答えにならない答えを返していました。保安委も政府も意図的に情報を隠しているのか、それとも無能者の集まりなのでしょうか?そして無責任な東京電力。

放射線レベルが分かれば想定内か、非常に重大な事故なのか判明するはずです。そんなものが分からないはずがないのに何故と?隠したって隠し切れない分けで、対応を間違えると政権や保安委、電力の命取りというだけではなく、国民の住民の本当の命取りになるということをしっかりと考えて欲しいものです。

被災された皆様にお見舞いを申し上げるとともに、亡くなられた方々のご冥福を祈ります。
  

Posted by 神前あそん at 18:48Comments(0)雑記雑感

2011年03月08日

規制仕分け

いくらかはEV普及促進の助けになるんでしょうか?


政府の「規制仕分け」は2日目の7日、コンビニエンスストアの駐車場などに電気自動車の急速充電器を普及させるため、1か所の敷地では、現在、原則1本となっている電線の契約を複数できるよう見直しを図るという結論が出されました。

政府の行政刷新会議が、国の12の規制制度について、事業仕分けと同じ手法で検証する「規制仕分け」は、6日から2日間の日程で、東京都内で公開で行われました。7日の仕分けでは、電気自動車の急速充電器の普及に向けた議論が行われました。コンビニエンスストアの駐車場などに電気自動車の急速充電器を設置するには、電気の使用量の増加に対応する費用負担が大きいことや、1か所の敷地で契約できる電線が原則1本となっていることが、課題になっています。7日の議論で、経済産業省側は、電気自動車の普及は新成長戦略の観点からも重要だとして、「電気自動車の急速充電器を設置する場合にかぎり、同じ敷地でも複数の契約を結ぶことができるよう検討したい」と提案し、最終的に「同じ敷地で複数の契約を結べるよう、必要な見直しを行うべきだ」という結論になりました。


EVは自宅充電が基本です。仮に遠出した時は急速充電器があれば安心でしょうが、平均的な一日の走行距離は40km程度なので毎日自宅充電すれば事足りるでしょう。しいてあげれば、会社でも充電できれば通勤の帰りが安心かも知れませんね。普及には価格の低下が一番では無いでしょうか?遠出は公共交通機関を利用するのが良いのでは無いかと思います。ただ田舎の過疎地の公共交通は破綻しているので・・・  


Posted by 神前あそん at 08:59Comments(0)電気自動車

2011年03月06日

モディファイ

ドクタースランプに出てくるようなデフォルメした実車があれば面白いなと。


そう思っていましたが、実際にチョロQの実車以上にチョロQっぽい車を見つけました。面白いですね!もう少し大きくしてEVにするのはもっと面白いかも知れませんね。

by The Smart Ass Cars



  


Posted by 神前あそん at 13:15Comments(0)エンジン車

2011年03月05日

高効率二次電池

リチウムを使用しない高効率二次電池、住友電工が開発。


住友電気工業は、高エネルギー密度を保ちながら電解液にリチウムを使用せず、溶融塩のみを使用した新型二次電池の開発に成功したと発表しました。この電池が実用化できれば世界初。同社の大阪製作所で、構内試験を開始した。車載用や住宅用蓄電池として、小型で資源調達リスクも少ない二次電池として商用化を目指します。by RESPONSE

リチウムであろうが、ニッケルであろうが、安全かつ低価格で高効率な電池があれば良いわけです。この電池のように、今後は希少金属の使用が少ないもの使用しないものの開発が進むかも知れませんね。ただ、いつも開発開発ではなく、実用に耐えうるものが早急に出てくることを希望します。石川県のBATベンチャーの硫黄を使った二次電池の開発は進んでいるでしょうか?

by RESPONSE

  


Posted by 神前あそん at 13:01Comments(0)電気自動車

2011年03月03日

EV寒冷地仕様

寒冷地用 新EV開発へ弘前大と東北大・機械メーカーなど参加。


プロジェクトには両大学のほか山形大、金沢工大(石川県野々市町)と本田精機(仙台市)、工藤電機(同)などが参加。弘前大大学院理工学研究科の古屋泰文教授(機械材料機能学)が開発の中心を担う。軽量化と効率化による機能向上を目指しているようです。ステア・バイワイヤ」(SBW)による車両下部の機密性工場による断熱効果、「インホイールモーター」(IWM)による効率的な走行の二本柱です。BY河北新報

このプロジェクトは車自体の効率化を図りバッテリー消費をヒーターなどに回しても走行距離が落ちない、ということを目的としているようです。以前も書いたか?蓄熱暖房機を小型化して搭載するのはどうでしょうね?深夜電力で蓄熱して。走行時はEVの走行用バッテリーから使うのはファンを回す分だけです。家庭用の重いレンガを組み込んだ蓄熱暖房器はサイズも重量も問題外ですが、中には70kg程度でサイズの小さいものもありました。大体12畳用ですがもう少し小型化と効率化できれば車載しても良いのではないかと思うのですがね。蓄熱暖房機の開発はEVのためだけではなく家庭用としても使えるので開発の効率も良さそうだと思います。

  


Posted by 神前あそん at 18:59Comments(0)電気自動車

2011年03月01日

ZERO破産

ZEROスポーツ、破産申請へ。郵政へEVが納期遅れなどで解約、7億円の違約金。


岐阜新聞によると、「ゼロスポーツ」(中島徳至社長)が、岐阜地裁に自己破産を申し立てる準備に入ったとのことです。売上5億円の企業が35億円の受注を請け、違約金で7億円・・・残念ですね。

ただ、負債総額が数十億円とのことなので、この違約金7億円が直接の引き金ではないと考えられます。ギリギリやってたのに、違約金と信用を失いということでしょうか。早くから企業としてEV事業に取り組んできた同社でありますが、残念な結果となりました。ジラソーレに続いてです。ただ、自己破産ではなく民事再生とかでスポンサーを探して復活を期して欲しかった。・・・売り物とする技術が無かったのか?  


Posted by 神前あそん at 19:02Comments(0)電気自動車

2011年03月01日

500万台の可能性

中国の目標、2020年にEVを500万台の普及を目指しているとのこと。


これは世界の予想普及率の35%を占めることになりますが、十分可能性があると思います。投機マネーや中東情勢の不安定化による原油の高騰はEV普及を加速することになるでしょう。中国は石炭の産出量も多く、電気を作ることは問題がありません。インフラには問題がありますが、すざまじいスピードで改善が進んでいます。EVの充電設備も増加させています。

レアアースなどは戦略的云々ではなく、自国のEV普及のために輸出制限を設けていると理解した方が良いでしょう。問題は、環境汚染で、石炭火力の効率化を進めてもらわないと周辺国、日本などは大いに影響を受けますから。今後もEVは中国の同行も見ていく必要がありそうですね。

  


Posted by 神前あそん at 09:12Comments(0)電気自動車