› サイレント・ドライブ › 電気自動車 › 妄想的脳内開発(Ⅱ)

2014年07月02日

妄想的脳内開発(Ⅱ)

少量生産の名車には必ずレプリカが存在するのですが・・・・



reformaを見て私もそう思ったのです。そう!そろそろ、S30ZだとかKPGC10だとかのレプリカ車があっても良い頃なんじゃないかと。内装もボディーもオリジナルにこだわる必要はありませんが、それでもシンプルの美は継承したいです。足回りは現代、ボディーはパイプフレームにFRPとかいっそFRPモノコックやCFPRモノコックでオールド・ニューな新型Z。2015年製になるか2016年製になるか?

当然といっても良いか、パワートレーンはEV。テスラ社が保有特許の解放をするらしいですが、どうせならモーターやコントローラー、組電池などをパーツとして販売して欲しいと思います






同じカテゴリー(電気自動車)の記事画像
リーフ500km超へ!
やっぱりEV
ホンダ・MC-β
新規形式認定
最近のLiB情報とか
EVベース車
同じカテゴリー(電気自動車)の記事
 リーフ500km超へ! (2016-05-27 22:46)
 やっぱりEV (2015-06-22 16:13)
 ホンダ・MC-β (2015-06-22 16:08)
 新規形式認定 (2015-06-22 16:02)
 最近のLiB情報とか (2015-04-05 16:31)
 EVベース車 (2014-11-01 15:14)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
妄想的脳内開発(Ⅱ)
    コメント(0)