› サイレント・ドライブ › 電気自動車 › VW2台のEV

2014年10月16日

VW2台のEV

かつては「電気街」と呼ばれた秋葉原がフォルクスワーゲンEVの発表の場に選ばれました。


フォルクスワーゲン(VW)が満を持して日本市場に導入を開始する電気自動車は、その名前からお分かりのように、内燃機関を搭載するフォルクスワーゲンの現行乗用車「up!」および「ゴルフ」をベースに、既存のエンジンやトランスミッションに替えて電気モーターとリチウムイオンバッテリーを積んだという、メーカー製コンバートEVといっても(笑)とはいえ、共有化できる部分が多いということは、製造コストを下げることが出来るわけで、メーカー、ユーザーともにメリットはあると言えますね。
 
aulblog調べ




同じカテゴリー(電気自動車)の記事画像
リーフ500km超へ!
やっぱりEV
ホンダ・MC-β
新規形式認定
最近のLiB情報とか
EVベース車
同じカテゴリー(電気自動車)の記事
 リーフ500km超へ! (2016-05-27 22:46)
 やっぱりEV (2015-06-22 16:13)
 ホンダ・MC-β (2015-06-22 16:08)
 新規形式認定 (2015-06-22 16:02)
 最近のLiB情報とか (2015-04-05 16:31)
 EVベース車 (2014-11-01 15:14)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
VW2台のEV
    コメント(0)