› サイレント・ドライブ › 自動車一般 › ガラ軽

2013年04月06日

ガラ軽

ガラパゴス自動車「ガラ軽」が産業再生のキーワードになろうとしています。


価格と乗り心地のバランスは消費者にとって重要な要素だが、国内生産に支えられる軽は、日本全体を覆う産業空洞化とは無縁の国内の景気回復や雇用維持の切り札。「日本のものづくりと雇用を守るために有効な手段」(本田技術研究所の浅木泰昭・主任研究員)だ。SankeiBiz

ただ、今後新興国で軽自動車の需要が増えて、海外生産されそれを国内導入ということになれば、産業再生という面でみるとあまり芳しくないものです。とはいえ、新興国では安くて大きな車が求められることが多く、日本の軽規格のままではおおきな需要は求められない気もします。しかし、インドでのスズキのシェアを考えると一概には言えないかもしれません。

記事にあるように高性能なHVは先進国で普及しても、価格の問題で新興国特に途上国での普及は減退されたものになるかも知れません。軽自動車が途上国で普及するか?についてはやはり価格が一番ですね。今の軽自動車は小型車より高額なのもが多く、国内での普及は税金他維持費が後押ししているといえます。ちょっと前の軽自動車はイメージに反してそれほど低燃費ではありませんでした。

ということで、軽自動車は制限された規格の中で大きな進歩を続けています。軽自動車があることが日本の自動車産業の進化にも繋がっていると思うのであります。ただ、途上国向けに現地生産するにしても、需要部分などは国内に残す、国内販売分は国内で生産するということでやって欲しいと思います。




同じカテゴリー(自動車一般)の記事画像
改造というなの製造
クラシック・MINI輸入NO1
ハイブリッドエアー
タイヤチェーン
TOYOTA2000GTスケールモデル
自動車にNFC
同じカテゴリー(自動車一般)の記事
 改造というなの製造 (2015-02-17 21:56)
 クラシック・MINI輸入NO1 (2014-07-18 17:13)
 残念なご連絡 (2013-04-16 11:15)
 ハイブリッドエアー (2013-02-24 11:03)
 タイヤチェーン (2013-01-22 11:09)
 TOYOTA2000GTスケールモデル (2013-01-14 11:42)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
ガラ軽
    コメント(0)