› サイレント・ドライブ › 電気自動車 › ジャーマンイーカーズ

2012年12月28日

ジャーマンイーカーズ

ドイツ中部のジャーマンイーカーズは、電気自動車の開発と製造販売をしている。



新車のコンバートEVを製造販売しているドイツの企業です。現在は3つのシリーズを販売中。スズキのスプラッシュをもとにしたシュトローモス(Stromos)は乗用車タイプで、3万1000ユーロ(340万円)から。2011年秋より、メルセデスのスプリンターを改造したワゴン車プラントス(Plantos)、オペルのコーザをもとにした小型車セトス(Cetos)も加わった。公式には時速120キロまで可能だが、実際は130キロまで出るという。PUNTA

その他、ユーザーの依頼で各種のコンバートEVを製造販売しています。日本では中古のコンバートEVを製造するところが多いですが、海外では新車のコンバートEVを製造するところが散見されます。中古のコンバートEVは例えば稀少車をEV化するというパターンが良いと思います。単なる古い車をEV化するだけではコストパフォーマンスが悪いので、まだまだ普通にはならないと思うのです。新車のコンバートEVも他社製のボディーを使う限りは割高になってしまします。ドナー車のメーカーが自社でやったら勝てませんし・・・

テスラ方式で、他社ボディーを使用して名前を売りオリジナルへ移行する。バッテリーのコストパフォーマンスを高くなることを待つ必要がありますが、それによってコンバートEVのパターンも増えるのではないかと思います。小型車ならオリジナルデザインのEVも地産地消的に普及する可能性も無きにしも非ずかなと。

イーカーズの代表と副代表



同じカテゴリー(電気自動車)の記事画像
リーフ500km超へ!
やっぱりEV
ホンダ・MC-β
新規形式認定
最近のLiB情報とか
EVベース車
同じカテゴリー(電気自動車)の記事
 リーフ500km超へ! (2016-05-27 22:46)
 やっぱりEV (2015-06-22 16:13)
 ホンダ・MC-β (2015-06-22 16:08)
 新規形式認定 (2015-06-22 16:02)
 最近のLiB情報とか (2015-04-05 16:31)
 EVベース車 (2014-11-01 15:14)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
ジャーマンイーカーズ
    コメント(0)