› サイレント・ドライブ › 電気自動車 › 太刀打ちできるか?

2011年11月27日

太刀打ちできるか?

三菱や日産の攻勢もあってか、電気自動車関係の話題も増えてきました。


報道ステーションを見逃しましたが、慶応大学の清水さんのエリーカやオズコーポの古川さんによるスモールハンドレッドなどやったようです。しかし、三菱がi-MiEVのMタイプ発売やミニキャブMiVEの発売により、現状のままではスモールハンドレッドは絵に描いた餅というか趣味の世界に留まるように思います。なんといっても、メーカー製EV(コンバートEV)が補助金を適用することで、実質的な負担額は173万円からという価格に対抗するのは、残念ながら現状では無理。趣味性の高い旧車などをEV化するなら良いと思いますが、かなりニッチです。

7000ドルのEVで紹介したストリート・スクーターのような方法、分野であればそれなりにいけるのではないかと思うのですが、コンバートEVを製作するときのパーツは国産がほとんど無く、歴史ある米国製パーツがほとんどです。当然価格的には高止まり。シムドライブなどは方向性が少し違います。このドイツの取り組みのようなことが日本でも行われなければスモールハンドレッドはほんの短い期間でお終い・・・掛け声だけで終わる気がします。

コンバートEVの関係機関も、せめて代表的な車にマッチする取り付け方法や取り付け金具類の販売や設計図の提供をして、コンバート業者が機械的にコンバートできるようにしてコストを下げる方法を提供すべきではないかと思うのです。そして、中小企業による低価格のパーツ提供があれば古い車もEVとして生き返ることができるのではないでしょうかね。

画像はニッケイトレンディネットより



同じカテゴリー(電気自動車)の記事画像
リーフ500km超へ!
やっぱりEV
ホンダ・MC-β
新規形式認定
最近のLiB情報とか
EVベース車
同じカテゴリー(電気自動車)の記事
 リーフ500km超へ! (2016-05-27 22:46)
 やっぱりEV (2015-06-22 16:13)
 ホンダ・MC-β (2015-06-22 16:08)
 新規形式認定 (2015-06-22 16:02)
 最近のLiB情報とか (2015-04-05 16:31)
 EVベース車 (2014-11-01 15:14)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
太刀打ちできるか?
    コメント(0)