› サイレント・ドライブ › 電気自動車 › 地域格差

2011年08月24日

地域格差

いよいよ三菱のEV、i-MiEVが150万円台で買える。維持費を考えると格安です。


廉価版のi-MiEV販売価格は260万円とまだ高価ですが、政府の「クリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金」74万円、神奈川県の「電気自動車導入補助金」37万円を活用すれば150万円台と軽自動車並みの価格で購入できます。神奈川県以外にも東京都、埼玉県などの地方自治体が電気自動車の補助金制度を設けていて、神奈川県以外でもi-MiEV M を150万円台で購入することが可能です。さらに、電気自動車補助金制度を導入している市・区などもあり、その補助金制度を活用すればユーザーはEVを実質的に100万円台前半で購入できます。

おお~、何と!地域間格差があることかと。国民が平等であるというのはここでも幻想ですね。国の補助金や自動車税とか収得税は等しく平等ですが、石川県でi-MiEVを買おうとすると、大体187万円ほどになりますが、例えば横浜市で買うのと車種にもよりますがGグレード(車両価格260万のタイプはMなので若干違いますが)だと48万円の補助がありますので、102万円と85万円も違うのです。これは法の上の平等を逸脱していないか・・・まあ、ソーラー発電なども石川県では国の補助だけで県や自治体の補助はありませんね。





同じカテゴリー(電気自動車)の記事画像
リーフ500km超へ!
やっぱりEV
ホンダ・MC-β
新規形式認定
最近のLiB情報とか
EVベース車
同じカテゴリー(電気自動車)の記事
 リーフ500km超へ! (2016-05-27 22:46)
 やっぱりEV (2015-06-22 16:13)
 ホンダ・MC-β (2015-06-22 16:08)
 新規形式認定 (2015-06-22 16:02)
 最近のLiB情報とか (2015-04-05 16:31)
 EVベース車 (2014-11-01 15:14)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
地域格差
    コメント(0)