› サイレント・ドライブ › 電気自動車 › コンバートEV

2011年08月20日

コンバートEV

コンバートEVを作る際、元車のことをドナー車といいます。


コンバートEVの事業化をするところが少しづつ増えています。ただ単にどんなドナー車でも良いというのは面白くないです。コンバート費用が安ければ、ちょい乗り用に廃棄予定の軽自動車などをEV化するのは良いと思います。維持が難しい、お気に入りの旧車などをEV化するのが最も良いのではないかと思います。

現在、家にはあまり乗っていないホンダプレリュードの二代目があります。(次回車検は取らない予定)これをコンバートしたいと思っています。その他にはバブル以前~バブルの頃の旧車をEV化するのが面白いと思っています。EV化するので不動車で問題はありません。足回りがしっかりしていればOKなのでそれなりの安い価格で調達は可能でしょう。

なぜパイクカー というのか良く分かりませんが、その当時の日産車は面白い。Be-1他マーチベースの小型車は今でもいけそうなデザインです。バブル以前の車だとちょっと探すのが難しいかもしれませんね。

パイクカーBe-1の当時のカタログ



同じカテゴリー(電気自動車)の記事画像
リーフ500km超へ!
やっぱりEV
ホンダ・MC-β
新規形式認定
最近のLiB情報とか
EVベース車
同じカテゴリー(電気自動車)の記事
 リーフ500km超へ! (2016-05-27 22:46)
 やっぱりEV (2015-06-22 16:13)
 ホンダ・MC-β (2015-06-22 16:08)
 新規形式認定 (2015-06-22 16:02)
 最近のLiB情報とか (2015-04-05 16:31)
 EVベース車 (2014-11-01 15:14)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
コンバートEV
    コメント(0)