› サイレント・ドライブ › 電気自動車 › 酸化鉄LiB

2011年07月20日

酸化鉄LiB

鉄系リチウム二次電池サンプル出荷開始:プレスリリース


株式会社エフエイオープンは正極材、組み電池世界最大の生産量をほこる、台湾のCAECが開発、特許を保有する鉄系リチウム二次電池のサンプルの、日本国内向け出荷を開始した。

量産で鉛バッテリー並の価格になるとのこと。ただ問題は鉄系であるが故の重量です。20KWhを得ようとすると350Kgにもなってしまいます。中国のBYDのEVも非常に重い。しかし、プレスリリースにあるように多くの用途が考えられます。EV用には短距離移動用のシティービークルに使うのが良いかもしれません。10KWhで175Kgなら十分活用出来そうです。

鉛BTと同程度の価格というのは、KWhあたりの価格ということでしょうか?既にLGケムやSKYがKWhあたり3万円に近いところまで来ていますので、さらに低価格でなければ競争出来ないと思います。例えば24V/80Ah(2KWh)のタイプでBMS込みの5万円以下。

台湾CAEC社のBT






同じカテゴリー(電気自動車)の記事画像
リーフ500km超へ!
やっぱりEV
ホンダ・MC-β
新規形式認定
最近のLiB情報とか
EVベース車
同じカテゴリー(電気自動車)の記事
 リーフ500km超へ! (2016-05-27 22:46)
 やっぱりEV (2015-06-22 16:13)
 ホンダ・MC-β (2015-06-22 16:08)
 新規形式認定 (2015-06-22 16:02)
 最近のLiB情報とか (2015-04-05 16:31)
 EVベース車 (2014-11-01 15:14)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
酸化鉄LiB
    コメント(0)