2011年06月30日

QQ3EV

中国で感心するのは、本家より先にコピーを発売するほどのスピード感。


未だに凄い数の自動車メーカーがある中国。その中で中堅という位置づけにいる?CHERY社。いつの間に車種が増えています。劣化コピーから抜け出そうとしている努力が見えます。ここはEVにも力を入れていますが、その価格に驚きです。日本円で50万円程度です。実力は分かりませんが、HPによると最高速60kmhのQQ3EVと最高速120kmh程度のM1EV、その他セダンタイプとEVにも力を入れているようです。

安かろう悪かろうの臭いがしないでもないのですが、この価格には興味津々です。中国製となると引いてしまう・・・一番の問題はボディー強度がどうかという点です。今後も調べてみたいと思います。

QQ3EV、シティーヴィークルタイプ


BTは車体フレーム内に搭載なので、けっこうスカスカ。



同じカテゴリー(電気自動車)の記事画像
リーフ500km超へ!
やっぱりEV
ホンダ・MC-β
新規形式認定
最近のLiB情報とか
EVベース車
同じカテゴリー(電気自動車)の記事
 リーフ500km超へ! (2016-05-27 22:46)
 やっぱりEV (2015-06-22 16:13)
 ホンダ・MC-β (2015-06-22 16:08)
 新規形式認定 (2015-06-22 16:02)
 最近のLiB情報とか (2015-04-05 16:31)
 EVベース車 (2014-11-01 15:14)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
QQ3EV
    コメント(0)