› サイレント・ドライブ › 電気自動車 › シボレー・スパークEV

2013年02月14日

シボレー・スパークEV

GMはジュネーブモーターショー13において『スパークEV』を欧州初公開と発表した。



スパークEVは2012年11月、ロサンゼルスモーターショー12でワールドプレミア。小型5ドアハッチバックの『スパーク』をベースに開発されたEVだ。

EVパワートレインは、GMが独自開発。モーターは最大出力130ps、最大トルク55.3kgmを引き出す。強力なトルクのおかげで、0-100km/h加速は8.5秒以下の実力。GMは、「クラス最高レベルの加速性能」と説明する。Response

「コンボ方式」を初めて導入。80%のバッテリー容量なら、約20分で充電できる。




同じカテゴリー(電気自動車)の記事画像
リーフ500km超へ!
やっぱりEV
ホンダ・MC-β
新規形式認定
最近のLiB情報とか
EVベース車
同じカテゴリー(電気自動車)の記事
 リーフ500km超へ! (2016-05-27 22:46)
 やっぱりEV (2015-06-22 16:13)
 ホンダ・MC-β (2015-06-22 16:08)
 新規形式認定 (2015-06-22 16:02)
 最近のLiB情報とか (2015-04-05 16:31)
 EVベース車 (2014-11-01 15:14)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。