› サイレント・ドライブ › 電気自動車 › TOYOTABMW空気電池共同研究

2013年01月25日

TOYOTABMW空気電池共同研究

TOYOTAとBMWが「リチウム空気電池」を共同研究すると発表しました。



リチウムと空気中の酸素を化学反応させて電気エネルギーを取り出すもので、現在のリチウム電池の性能を大幅に向上できる。協業関係を着実に深化させている両社だが、資本提携についてはそれぞれ否定した。REUTERS

IBMが多くの企業を取り込みリチウム空気電池の研究開発を行っていますが、慎重なTOYOTAが共同研究を発表したということは、燃料電池と共に次世代の有力な動力源と位置づけたということでしょうか。

製品時で少なくとも現行のリチウム電池と同サイズで4倍の能力があるといわれています。現行のバッテリーが仮に低価格化しても問う裁量が増えれば重量が増え過ぎます。能力が4倍であれば現行のEVに積まれるものと同僚程度で4倍走行できることになります。これなら、EVの価値は一挙に高まることになります。ただ、価格はどうなのか?これがもっとも重要なファクターですね。

EV用駐車スペースの表示とか?



同じカテゴリー(電気自動車)の記事画像
リーフ500km超へ!
やっぱりEV
ホンダ・MC-β
新規形式認定
最近のLiB情報とか
EVベース車
同じカテゴリー(電気自動車)の記事
 リーフ500km超へ! (2016-05-27 22:46)
 やっぱりEV (2015-06-22 16:13)
 ホンダ・MC-β (2015-06-22 16:08)
 新規形式認定 (2015-06-22 16:02)
 最近のLiB情報とか (2015-04-05 16:31)
 EVベース車 (2014-11-01 15:14)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。