› サイレント・ドライブ › 電気自動車 › 超小型モビリティー認定制度

2013年01月06日

超小型モビリティー認定制度

「超小型モビリティ認定制度は都市活性化のツール」…国交省自動車局担当者インタビュー



日産自動車が2人乗りの超小型モビリティで国土交通大臣認定を取得し、公道走行実証実験への参加を発表したのは2011年9月。それから1年も経たない2012年6月には国土交通省が導入に向けたガイドラインを発表した。Response

12月には検討中の認定制度を公表するとともに、パブリックコメントを募集した。制度の公布と施行は来年1月を予定しているという。急ピッチで導入を進める同省自動車局技術政策課の永井啓文氏に伺った。


当初予想とかなり違っているようです。ホント地産地消的なことが前面に出ています。「新しい規格を設けるのではなく、軽自動車の基準緩和」で対応するとのことで、財務省とか税金がらみの匂いがぷんぷんします。とはいえ、ある程度の自由化ということで「ステップ・バイ・ステップで進めていって、最終的には新しい規格に行き着く方向を考えています。」という言葉を信じて期待することにしようと思います。




同じカテゴリー(電気自動車)の記事画像
リーフ500km超へ!
やっぱりEV
ホンダ・MC-β
新規形式認定
最近のLiB情報とか
EVベース車
同じカテゴリー(電気自動車)の記事
 リーフ500km超へ! (2016-05-27 22:46)
 やっぱりEV (2015-06-22 16:13)
 ホンダ・MC-β (2015-06-22 16:08)
 新規形式認定 (2015-06-22 16:02)
 最近のLiB情報とか (2015-04-05 16:31)
 EVベース車 (2014-11-01 15:14)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。