› サイレント・ドライブ › 電気自動車 › ホンダ燃料電池車

2012年09月24日

ホンダ燃料電池車

ホンダが次世代の燃料電池車を、2015年に市販することが分かった。



当初、1億とかいってたTOYOTA、HONDAのFCVが現実的な価格に近づき、ついこの間2世代目が1000万円といってましたが3世代目で更に現実的な価格に近づくとか。Response

これは9月21日、東京本社で記者会見したホンダの伊東孝紳社長が明らかにしたもの。伊東社長は「新型の燃料電池車を、2015年から日米欧で順次販売する」と宣言したのだ。

当ブログでもTOYOTAのFCVについても書き来ましたが、FCVについては当面この2社の戦いになるということでしょう。

このクラスの自動車で現実的な価格、に近づくというのはどの程度の価格なのでしょうか?前回は1000万円、今回2015年に投入される価格は?今のリチウムバッテリーのEV程度より少々高いとして500~600万円ってところでしょうか。2015年ということで、まだまだ紆余曲折あるかも知れません。ということで、期待しておきます。



タグ :EVFCV

同じカテゴリー(電気自動車)の記事画像
リーフ500km超へ!
やっぱりEV
ホンダ・MC-β
新規形式認定
最近のLiB情報とか
EVベース車
同じカテゴリー(電気自動車)の記事
 リーフ500km超へ! (2016-05-27 22:46)
 やっぱりEV (2015-06-22 16:13)
 ホンダ・MC-β (2015-06-22 16:08)
 新規形式認定 (2015-06-22 16:02)
 最近のLiB情報とか (2015-04-05 16:31)
 EVベース車 (2014-11-01 15:14)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。