› サイレント・ドライブ › 自動車一般 › アウトビアンキA112

2012年09月17日

アウトビアンキA112

イタリアンミニといえば、フィアット500ですがアウトビアンキも気になります。



軽自動車より小さいくらいのサイズに903ccのベーシックから始まりエレガント、982ccのアバルトがあります。市場調査の実験車という位置づけでしたが1969の発売から1985年の生産中止まで長きに渡り生産されました。

レストアしてガソリン車として乗るも良し、EVのドナー車としても良し。国内流通価格はFIAT NUOVA 500 に比べると1/2~1/3とお安い状況です。状態の非常に良いものは価格応談とかになっています。どうでしょう120~150万円程度でしょうか?

SilentDriveではイタリアのレストア工房と提携して、ガソリン車としてのフルレストア、コンバートEVの二本立てで販売いたします。詳しくはお問合せ下さい。

画像はwikiより



同じカテゴリー(自動車一般)の記事画像
改造というなの製造
クラシック・MINI輸入NO1
ガラ軽
ハイブリッドエアー
タイヤチェーン
TOYOTA2000GTスケールモデル
同じカテゴリー(自動車一般)の記事
 改造というなの製造 (2015-02-17 21:56)
 クラシック・MINI輸入NO1 (2014-07-18 17:13)
 残念なご連絡 (2013-04-16 11:15)
 ガラ軽 (2013-04-06 10:17)
 ハイブリッドエアー (2013-02-24 11:03)
 タイヤチェーン (2013-01-22 11:09)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。