› サイレント・ドライブ › 電気自動車 › 中国製LiB

2010年12月19日

中国製LiB

中国製のリチウムイオン電池が手頃な?価格になって来ているようです。


電気バイクメインの会社?ELECTRIC MOTORSPORT.comでは、私も以前より注目している雷天(サンダースカイ)社のLiBを販売しています。以前見つけた国内の販売店と比べてけっこうお安くなっています。送料を支払っても安いと思います。雷天社直接の価格が分からないのですが、当然これらと比べて安いということですね。また、簡易型のPHEV化キットに使用されているLiBも雷天社製ではないかとみています。まずは他社製品を研究してパッキングを考えたいと思います。



中国製のLiBは燐酸鉄を使ったものが多いのですが、安全性という点では燐酸鉄使用LiBは良いのではないかと思います。価格も安くなります。問題は、出力が小さいこと、重たくなることです。その点では国産メーカーのLiBは軽く、出力も大きいので同じKWを得る場合は少ない個数で済むことになります。軽いもので少ないとなると更に軽く出来るということですが、価格差という点ではそれを超えるコストパフォーマンスになるにはもう少し時間がかかりそうです。

EVの電池として、注目はやはり18650タイプと三菱重工業のLiBですが、価格ということでは当分中国製ですね。趣味のコンバートEVではなく、新車として販売(カテゴリーは改造車か?)するためのEV製造を事業化できるなら、出来れば三菱重工業社製のMLiXを使いたいなと考えているのですが、価格他情報が少ないいので・・・






同じカテゴリー(電気自動車)の記事画像
リーフ500km超へ!
やっぱりEV
ホンダ・MC-β
新規形式認定
最近のLiB情報とか
EVベース車
同じカテゴリー(電気自動車)の記事
 リーフ500km超へ! (2016-05-27 22:46)
 やっぱりEV (2015-06-22 16:13)
 ホンダ・MC-β (2015-06-22 16:08)
 新規形式認定 (2015-06-22 16:02)
 最近のLiB情報とか (2015-04-05 16:31)
 EVベース車 (2014-11-01 15:14)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。