› サイレント・ドライブ › 電気自動車 › 規制は技術革新を

2010年10月18日

規制は技術革新を

かつてのマスキー法など、規制は技術革新を生むことが多い。


くだらない規制は抜け道を探すだけになりますね。電気自動車の改造について紙面やTVを少しだけどにぎわすようになって来ました。そこで、改造の安全基準などある程度の指標が出されています。

日本はバッテリーやモーターの技術に胡坐をかいていないで、改造EV用に部品を供給して欲しいと思うのですが、ほとんどのパーツは米国製で少しづつ中国製のものが出てきています。規制以前の状況が続いているうちに、海外に負けてしまう気がします。メーカーではEVの発売やハイブリッドの新型が出てきていますが、裾野を広げる意味では使用中の愛車や中古車をEVにコンバートすることは必要だと思います。

まあ、メーカーではハイブリッドはEVに変更することは簡単なので、バッテリーのコストパフォーマンスが上がることを待っているのかも知れません。


広島のTomoさんのEVデロリアンです。




同じカテゴリー(電気自動車)の記事画像
リーフ500km超へ!
やっぱりEV
ホンダ・MC-β
新規形式認定
最近のLiB情報とか
EVベース車
同じカテゴリー(電気自動車)の記事
 リーフ500km超へ! (2016-05-27 22:46)
 やっぱりEV (2015-06-22 16:13)
 ホンダ・MC-β (2015-06-22 16:08)
 新規形式認定 (2015-06-22 16:02)
 最近のLiB情報とか (2015-04-05 16:31)
 EVベース車 (2014-11-01 15:14)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。