› サイレント・ドライブ › 2011年08月

2011年08月16日

残念無念金沢高

この時期高校野球ですが、普段は県代表の試合しか見ることはありません。


アサイチから金沢高校の試合があり、どうせ暇なのだからと観戦です。高校野球はドキドキします。いろんなことが起きます。結果残念ながら敗退ということ。

その後はアスレチックス戦を見ましたが、松井選手はイマイチ。チャンスがあったのに、まだまだ本調子ではないですね。後半戦打率NO1といったって、彼の持ち味はチャンスに強い、打点を稼ぐということなので、それを考えるとまだまだでしょう。もっと力いれないと来年の契約が難しいです。気が早いけど、来年も活躍を見たいので頑張ってくだされ。

とはいえ、金沢高校の皆様、お疲れ様でした。

  

Posted by 神前あそん at 17:51Comments(0)雑記雑感

2011年08月14日

大盤振る舞い?!

経産省が工場新設に補助へ、高付加価値品が対象-空洞化対策、総額1000億円超!


まだヘッドライン状態なので経産省のHPにもありませんが、かなりの大盤振る舞いですね。『新制度では、(1)国内の1~2カ所の事業所でしか生産されていない部品の工場を、離れた地域に造る(2)ハイテク製品など、人件費が高い国内で生産しても採算が見込めるほど付加価値が高い商品を製造、開発する―場合に補助する。』とのことです。例えば工場進出に補助を出してくれる自治体に進出すると補助金の額はいかほどに?

『経済産業省は13日、東日本大震災や円高などで産業の空洞化が進むのを防ぐため、国内に工場や研究所を新設する企業への補助制度を創設する方針を固めた。付加価値の高い製品が対象で、大企業には工場などの建設費用の3分の1以内、中小企業には2分の1以内を補助する。補助の上限額は1件当たり100億円超の見込み。2011年度第3次補正予算案に、総額で1000億円以上を計上する方向で財務省と調整している。』

例えば進出に10億円かかるとして、中小企業には半額なのでまずは5億円。10円億規模として進出先で2億円程度の補助金がありそうです。その他雇用関係の補助金を活用すれば・・全部でなんぼや?とはいえ、1件100億円超となると普通の中小企業には難しい気もしますね。しかし、ん十億円規模の工場ならありそうですが・・・ただその半分を出せるところがあるのか?結局は大メーカー向けのような気もしますが、そういうことに進出しようとするところへ投資する場合、投資以上に資産が増えるわけですね。

とはいえ、ほとんどお金の無い状況ではどの制度も使えないのですが、例えばEV製造のため特別なモーターの生産をするというパターンで投資をいただけたら・・・

他にはないこんなモーター。

  


Posted by 神前あそん at 19:30Comments(0)雑記雑感

2011年08月14日

EVプロトタイプ

国内では0から車両を作り上げるのは大変なことで、BUBUの歩みでもわかります。


新車EVの発売を目指していくつかの企業が立ち上がっています。トミーカイラZZをEVとしてよみがえらそうとしている京都大学発ベンチャーのグリーンロードモータース、同じくナノオプトニクス・エナジー社、シムドライブと東京R&Dの合弁会社stEVeなどなど、他にも多くの事業が立上段階にあります。これらの企業は型式認定などどうされるのでしょうか?衝突試験など大変な費用がかかります。それが倒産の原因になったというジラソーレのオートイーブィジャパンなど。

今までに無かった産業が生まれるのは良いことだと思います。電気自動車といえ多くの企業が関わらないと製品にはなりません。ただ、いずれは大手メーカーの独壇場になると思います。テスラモーターズのように今のうちに地位を確立しておかないといけないでしょう。大手が取組まないグリーンロードモータースのようなプレミア車に取組むか、今後出来る新規格を目指すかというところが成功の可能性が高いように思います。

以前も記事にしましたがトミーカイラZZはカッコイイ!ですね。

  


Posted by 神前あそん at 13:26Comments(0)電気自動車

2011年08月14日

ポルシェ356レプリカ

ポルシェ356というと本物よりもレプリカが有名ですね。



ポルシェ356レプリカというとインターメカニカが有名です。国内ではかつて複数社がレプリカ製造を行っていました。キットの組立ですが。なかでもBUBU光岡のレプリカは有名でしたが、短期間で消えてしまいました。

インターメカニカの代理店が国内にも出来ましたが、それ以前の古いものでも本物と比べ良い状態で生きています。インターメカニカのロードスターレプリカはサイドウインドーもあり実用的ですが、他のレプリカと違いビートルのシャーシを使うのではなく独自にフレーム設計をして本物よりも丈夫で耐久性も高く、乗り心地も悪くありません。

他にもフランスのPGO社も独自フレームを採用しているようです。このPGO社のレプリカは少々モディファイされているのですが、レプリカといえ時代にあった変化は良いのではないかと思います。昨年発表された天然ガス車のモディファイ度はさらに高くなっています。

新車EVを作る素材として356レプリカは面白いと思っています。旧車をEV化するのも良いと思いますが、EVメーカーとして事業活動を行うのなら新車EVの方がより可能性があると思うのです。テスラモーターズは現行のスポーツカーをベース車としました。これはこれで一つの方法ですが、そのベース車メーカー自身がEV化したら太刀打ちできない気がします。ベースはあくまでもベースでデザインや機能の違いがあればその限りではありませんが。


EVベンチャーを立ち上げる場合、レプリカ車を使うのは良いアイデアと思います。ただ、それでも違いを出す、優位に立てるようにするためにはフレームのオリジナル化も必要と考えています。フレーム自体にアイデアがあるので、それを実現したいと思っています。後はモーターやBTの選定で差別化出きるでしょう。

PGO社の356レプリカ(天然ガス車ではないもの)
  


Posted by 神前あそん at 12:51Comments(0)電気自動車

2011年08月11日

パートナー募集

EV製造会社立上について、パートナーを募集しています。


ビジネスエンジェル、スポンサーなどシードに支援いただける個人投資家 さん、資金調達も任せろ!という経営パートナーさんを募集しています。企画、アイデアだけは貯まっていきますが、プロトタイプなど実車を造らないとスタートアップできません。既にEVベンチャーが数多く出現しています。特に中国などは雨後の筍状態のようです。失敗した事業や成功の過程にある事業を検証し、先行事業や大手メーカーのEV事業があっても成功できるモデルです。ただ、一部を除けば誰でも出来る可能性が高くスピード感が非常に重要です。

詳細は書きませんが、ビジネスモデルとして英国との関わりが出てきますので、2年後を目処に英国のAIMへの上場 も視野に入れています。まずは、プロトタイプを製作し実証実験を経て仮予約、試乗会などを行い予約というプロセスでリスクを少なくするよう検討しています。

現在、外部のアドバイザーなどはいます。実際に事業を立上た場合も関わっていただく約束をしていますが、資金や経営などのパートナーがいません。バックヤードビルダー的に開始するとはいえそれなりの規模の事業 になりますので、パートナーは必要と思います。また、次世代自動車産業に取組みたいと考えている企業さんと提携することもやぶさかではありません。

EV事業について 興味をお持ちの方からの問合せをお待ちしています。


アドバイザーが新興メーカーからモーターショー用に依頼されたプロトタイプです。
  


Posted by 神前あそん at 12:56Comments(0)電気自動車

2011年08月08日

ゴロキング

松井秀喜外野手、11号2ランで連続試合安打を15に更新しました。


調子が良いとは思いますが、一抹の不安が・・・この試合は5打数1安打1HR2打点と求められる仕事は果たしています。しかし、3本の打ちそこないがゴロ、ゴロ、ゴロ。松井選手の不調時はゴロが多いのです。とはいえ、これで54打点HRもこのペースを維持できれば20本超えは可能です。打点も最低目標というか希望する85打点以上は行きそうです。

  


Posted by 神前あそん at 09:13Comments(0)雑記雑感

2011年08月06日

リスペクト?

スケールダウンでリスペクトやらモディファイやらレプリカやら・・・コピー?



歌でもデザインでも出来たものが、つい気に入ったものに似せてしまっているということがあります。コピーするつもりが無くてもです。いっそのこと気に入っている車種をモディファイするのも良いかも知れないと思ったりしています。といってもC国のように「断固として真似していない!」と居直るのではなく、元車メーカーに許可を得ればどうかと思うのであります。

フランスのPGOのようにレプリカではなくモディファイするのも面白いと思います。この場合は許可が要るのかは不明ですが、とりあえず元車に似てしまったら許可を得ることにしましょう。

EV事業の立ち上げについて、妄想ではああやってこうやってとデザインやら製品についていろいろ描けています。例えばEV化したい、モディファイしたい車種があれば、まずは元車のスケールダウンでデザインしたいと思います。少しデフォルメするのも良いでしょう。妄想の中では完成しているのですが、某車を80~90%にサイズダウンして軽自動車規格内の大きさにして、さらにEV化します。プロトタイプは必要ですが、プロトタイプ完成後に実証テストを経て仮申込を募集します。応募の数を見てSEMでそれなりの数量を造るか、バックヤードビルダー的に生産するか、はたまた止めるか検討します。

ということで、プロトタイプ製作のスポンサーさん、資金調達は任せろ!という経営パートナーさんなどなど募集します。


しかし、ここまでのデフォルメは・・・(笑)
  


Posted by 神前あそん at 15:32Comments(0)電気自動車

2011年08月06日

家庭用電源とか

電気自動車で家庭用電源を供給できるシステムを開発とかなんとか。


これって開発!というほどのものなんでしょうか?話題作りということですね。そこにあるものを組み合わせて新製品を作っても開発といってよいのなら、助かります。EVを開発しますといても多くはそこにいまある部品の組み合わせになることが多いからです。

ところで、「電気自動車で」の部分を自動車でと入れ替えれば、今だってインバーターで家庭用の電気製品が使えるようになっていますね。大げさに騒ぐほどかいな?なって思うのは私だけでしょうかね。災害が起きた時に使用すると考えれば、EVよりもガソリン車などの方が利用価値があると思います。まあEVの事業化を目指すものとしてはEVの使いでが増えればそれは良いことなんですが。

なので、EVで使用済みのBTの有効活用として車載の駆動用BTを再利用するのも良いと思います。例えば家庭用のソーラーシステムや風力システムに再利用するとか。家庭用の補助電源システムに流用するのも良いと思います。それでも、そのくらい年月が経過すると、その頃には蓄電池が格安になっている可能性があるとかないとか。


簡単なものなら2万円台でもありますから。
  


Posted by 神前あそん at 15:30Comments(0)電気自動車

2011年08月06日

10号13試合連続

55カレー宮森氏には負ける(笑)けれど松井秀喜外野手(外野手と書ける喜び)のファンです。


誰々のファンということはあまり無いのですが、良く考えてみれば野球ではリスペクトしている選手がいます。かつての野茂英雄投手、長谷川投手などなど。現役ではもちろん松井秀喜外野手です。そうそう昨日、松井選手の星陵高時代の同期のK氏の実家へ仕事に行って、星陵高時代の甲子園などの記念の写真などを拝見。

さて、本日は10号HRも飛び出し連続試合安打も13になりました。4の2の1打点1得点と活躍したのですが、残念ながら試合は負けました。4連敗?・・・(涙)HRはライトへなので調子が良いのでしょう。しかし、打順が良くないのではと思うのですがいかがでしょうか?後半戦の打率はリーグNO1ですが、似合いません。やはり打点を稼いでナンボの松井選手です。

ヤンキースが松井カムバ~ックという記事を見ました。Aロッドの件もありアスレチックスがOKすれば可能性はあるかも知れません。ただ、LAの黒田選手選手のように日本人的感覚で筋を通すことも考えられます。しかしNYが来期も約束するのなら移籍も良いのではないかと思います。NYでも55番は変らないでしょうから先の宮森氏も文句はないでしょうしね。(笑)

あるか?

  


Posted by 神前あそん at 12:12Comments(0)雑記雑感

2011年08月05日

インホイールモーター

東京R&DとシムドライブがコンバートEVで合弁会社設立とか。


インフォイールモーターを使用したEVについて極端な言い方をすると、取付強度の問題をクリアすればタイヤ交換で、はいEV出来上がり!ということです。インホイールモーターについてはバネ下重量が云々といわれますが、言われるほど気にする必要はないようです。しいていえば、BTの搭載による重量配分の変化が問題です。操作性や快適性に大きな影響があります。ボンネットが空いたからそこにドカッとではダメです。やはり前後輪の間に配置するのが吉ということです。

インホイールモーターの設置にかかる強度補強などを考えると、完全にホイール内に収まる最新型の形より、このような形のものが良い気がします。結局は量産化、市販化されなかったようですが。

  


Posted by 神前あそん at 12:04Comments(0)電気自動車

2011年08月03日

また1件

町の車工場がコンバートEV製作に!という紹介記事が多くなっています。


独自に模索するところ、EVhonda、100ZEROがらみで製作講習を受けて取り組むところ、私も注目する工場が主催する講習会に参加して取り組むところなどなど。取り組むところが増えれば部品調達も楽になり、価格的にもこなれてくるのではないかと思います。鉛BTでコンバートするのであれば、モーターの仕様はありますが70万円前後でそろえられると思います。リチウムBTでも今後は+30~50万円でコンバートKITの入手が可能になるでしょう。

東広島市の町工場のCEV(ボディショップ高屋)
  


Posted by 神前あそん at 15:01Comments(0)電気自動車

2011年08月02日

EVとレンタカー

特にリーフの日産、i-MiEVの三菱とかに提案したいアイデアを書いて見ます。


当分の間、EVは近距離用途が主になると思います。急速受電網が大幅に整備される、バッテリーのコストパフォーマンスが大幅に向上する、までは。ということで、EV普及のためにあったら良いなというアイデアです。

まあ、アイデア自体は非常に簡単なアイデアです。実現には関係方面の協力があればすぐにでも実現できるでしょう。もちろん、これが実現に値するとしてですが。


EV購入者に証明書とかを発行します。発行主体はメーカーでも事務局でもけっこう。EVのオーナーが旅行や出張など長距離の移動をする場合、その証明書(IDカードみたいなもの)を提示するとレンタカーや公共交通が割引で利用できるというものです。または、そのIDを提示してサービスを利用すると駐車料金が割り引かれたり駐車中に無料で充電が出来るとか。枝葉の部分を除き簡単にいうと上記のようなサービスです。

ただ単に環境保護とかではなく、購入者にそれなりのメリットがあれば普及も促進されるでしょう。ガソリンの入手が難しい、非常に高額になったとかでなければ、電費が安いからといってもトータルでの費用は安くなりませんしね。それほど遠くない時期にEVのコストパフォーマンスはかなりの向上を図るでしょうが、それまでの繋ぎだとしても良いのではないかと思うのです。

EVメーカー、レンタカー会社、鉄道会社、航空会社他、駐車場会社、ホテルやカード会社などが参加すれば参加者のメリットも大きいのではないでしょうかね?まずはEVメーカーさん、レンタカー会社さんいかがでしょうか?

今のところ、EVといえばテスラロードスター、i-MiEV、REAF。ということでREAFの画像です。
  


Posted by 神前あそん at 18:55Comments(0)電気自動車