› サイレント・ドライブ › 2010年08月

2010年08月13日

コンバートEV16年

木野龍逸氏(ジャーナリスト)の日本EVクラブとともに歩んだ改造EV16年


16年ほど活動してきた日本EVクラブってのはなんのかってことやら、そこに関わってきた自分(木野氏)が見てきたことやら、主観丸出しでEVを考えてみたということで。電気自動車の本質を少しは紹介できたかなと思います。全3回でっす。(Twitterより)

  


Posted by 神前あそん at 22:57Comments(0)電気自動車

2010年08月13日

お盆休み

今年はお盆と週末が重なりましたので、銀行とか公的機関の方はうれしい?


昨日の台風はそれほどの被害は無く通過しました。通過の最中外で仕事をしていました。今日も雨ですが、台風のおかげか?少しすごしやすい気温です。この後、仕事に出かけますがはかどるかも知れません。

今年は帰省が少ないのか?それとも時期が集中していないのか?それほどの混雑が見られません。この雨の中バイクを時々見ますが、ツーリングでしょうか、気をつけてくださいね。

今日はお墓参りには適さない天候です。今日は無理に出かけなくてもご先祖様は怒らないでしょう。(笑  

Posted by 神前あそん at 09:40Comments(0)雑記雑感

2010年08月12日

充電設備

EV充電施設の情報提供で官民が共同研究 日産、三菱も参画とのことです。


国土交通省国土技術政策総合研究所は10日、EV(電気自動車)、PHV(プラグインハイブリッドカー)向け充電施設の情報提供に関する民間企業9社7グループとの共同研究を開始したと発表しました。

共同研究に参加する民間企業は、(1)IMJモバイル、(2)国際航業、(3)住友電工システムソリューション、(4)日産自動車、(5)日信電子サービス、(6)三菱自動車工業/パイオニア/インクリメントP、(7)三菱電機---の7グループで、8月下旬に国交省・経産省連携の下、充電施設に関する情報流通仕様(案)について意見交換する場である「EV・PHV充電施設情報に関する検討会(仮称)」を開く。

充電施設位置やバッテリー残量を考慮したルート案内などのサービス実現を目指すもので、カーナビやウェブ経路検索システム等で充電施設情報を提供するサービスに必要となる情報流通仕様(案)を策定することが目的だ。

9月に情報流通仕様(案)を公開し、その後共同研究を進め、実験用システムの開発・試行などを行っていく予定だ。
(記事レスポンセ)




私は、電気自動車は基本的には自宅充電だと思います。
充電設備はもちろん大切ですが、BTのさらなるコストパフォーマンスの向上を希望します。  


Posted by 神前あそん at 08:46Comments(0)電気自動車

2010年08月11日

舘内端

日本EVクラブ代表舘内端氏。


日本EVクラブでは、昨年11月17日に東京日本橋-大阪日本橋間を一充電で完走しギネスに登録されました。更に今年5月23日に電気自動車1充電航続距離(途中無充電)の世界新記録1003.184kmを達成しました。いずれもミラ・コンバートEVでの達成です。

画像は世界新記録1003.184kmを達成後のものです。
私はTwitterで参加、リアルタイムの映像配信を見ていました。

  


Posted by 神前あそん at 13:56Comments(0)電気自動車

2010年08月11日

村沢義久

日本の電気自動車を語る上で、はずせない人物や企業があります。


ここ10~20年でいえば、日本EVクラブの舘内端氏、清水浩氏、平野宏和氏、村沢義久他何名かの方があげられます。村沢氏はスモールハンドレッドを提唱している東大の教授です。

スモールハンドレッドは、電気自動車とくにコンバートEVは町の車屋さんでも比較的容易に作ることが出来ます。(かなり乱暴な言い方をすれば、エンジンなど燃焼系や排気系の部品を取り去り、そこにモーターと電池を組み込む。これでEVはできます。)ので、100万台のコンバートEVを作ろう!というものです。

村沢氏はただ廃棄される車をEVとして延命させることがよりエコなのではないか、中小零細企業にも仕事が増えるのではないかといった考えで提唱されています。  


Posted by 神前あそん at 08:31Comments(2)電気自動車

2010年08月10日

いよいよです。

ようやくというか、いよいよというか、お盆明けには試乗会が出来るようになるかも知れません。


電動スクーターVOLTA(ボルタ)シリーズの試乗会を地域限定でぼちぼちとやっていこうかと思っています。まずは原付一種仕様のクラッシックタイプの低価格モデル、600W48V仕様から開始したいと思っています。試乗会の場所などはここに掲載したいと思います。

VOLTA-01:\149,000-(税込)



原付一種仕様:600W48V
最高速度:35~45Km/h(モーター特性で2タイプ)
登坂能力:12度

ドラムブレーキ、アルミホイール、LEDランプ
リアBOX標準装備
バッテリーはオプションでシリコンタイプへ変更可
回生発電システムをオプションで搭載可  


Posted by 神前あそん at 12:38Comments(0)電気バイク

2010年08月09日

EVの性能

EVの性能を語る時、都度都度出てくるEVサニーですが、まだまだ現役でがんばっています。


このサニーは「White Zombie」と呼ばれる1972年型「Datsun 1200」(日産「サニー」)の改造車です。485馬力を誇る『Nissan GT-R』とのレースで、この小さな改造Datsunは10.400秒という記録を打ち立てたました(時速約188.66キロメートル)。一方のGT-Rは、Datsunから約1秒遅れでした。

0-400のレースでは、あのエリーカとポルシェの対決も200m以後置き去りにする映像は圧巻です。ただ、普通自動車は0-400で使うものではないので、性能の一部を披露しているだけですね。それよりサニーって好きでしたが、ボディーはヘタレな印象でしたが・・・この丈夫さのほうが驚きかもしれません。


EVで多くの方が危惧するのはガス欠(電欠)。せめてもう少し航続距離が欲しいと思うのではないでしょうか?とはいえ、多くの方の日常走行距離は平均で40~50Km程度なので、十分使用に耐えるとは思います。今後のCO2規制などでここ一二年でEVの開発は進むと思います。当然パーツの性能も上がり価格は下がるのではないかと思うのですが、それに期待したいと思います。


以下はEVサニー「White Zombie」です。



EVを開発するパートナーと出会えればと思っています。  


Posted by 神前あそん at 09:04Comments(0)電気自動車

2010年08月08日

フィットHV、160万円前後

10月発売のフィットHV、価格160万円前後に。


ホンダは7日、10月に発売する小型車「フィット」のハイブリッド車(HV)の価格をHVで国内で最も安い160万円前後にする方針を明らかにした。昨年2月に発売したHV専用車「インサイト」(最廉価モデルで189万円)と同等の燃費性能を確保しながら価格を30万円近く安く設定し、販売拡大を図る。とのことです。

以下は現行フィット



テスラ・モータースが上場したことで、ホンダがテスラから排出権を買っていたことがわかりましたが、トヨタ他がテスラに出資と提携をしたことでホンダの立場が微妙に。それで販売に占めるHVを増やすための戦略ということか?

今後、欧米では燃費の悪い車(企業)、にはペナルティーを科す方向です。電気自動車は走行時CO2の排出は0なので、EVベンチャーはテスラやその他のEVベンチャーのように、排出権クレジットを売ることも視野に入れて事業展開するのも良いのではないかと思います。

そんなことに興味がある方、パートナーやビジネス・エンジェルになっていただけませんか?  


Posted by 神前あそん at 01:11Comments(0)電気自動車

2010年08月07日

トミーカイラ復活

京都大学発ベンチャー・グリーンロードモータース、「Tommykaira(トミーカイラ)」を電気自動車として復活!


幻の名車「Tommykaira ZZ」がEVで復活とのこと。
グリーンロードモータースは、京都が生んだ幻のスポーツカー「Tommykaira(トミーカイラ)」シリーズを電気自動車として復活させます。


以下は試作車の画像。



私もグリーンロードモータースのようなことを以前より考えてきました。

国内メーカーでいくつかデザインし、独立後も海外メーカーにデザイン採用されている方、車体設計をされている方、レース車両の製作に経験が豊富な方などなど多くの方と知り合いました。事業化するときはいつでも協力するとも行ってくれました。しかし、資金不足で立ち上げられませんでした。でも、もう少しあがいてみたいと思います。  


Posted by 神前あそん at 12:29Comments(0)電気自動車

2010年08月06日

富山の取り組み

富山や群馬などで観光にEVを取り込んだ取り組みが始まっているようです。


「電気で元気!でんき宇奈月プロジェクト」
スイスでは早い内からこういった取り組みがなされれています。サッカー日本代表が合宿したあたり、特にツェルマットの取り組みは徹底しています。馬車と電気自動車しか街中を走れないという徹底ぶりです。日本ではこの取り組みを参考にしているようです。

ツェルマットで走るEVトラック。



こんな感じで、地域の中小企業が製造しています。
地域の産業にもなっています。EVの地産地消ですね。



いずれもボディーは製作し易いように角ばったデザインになっています。
なかなか味があって良いなと思います。


こんな感じでEVを作る事業を立ち上げたいと模索しています。
興味があり、パートナーや支援者になってやろうという方はご連絡を。  


Posted by 神前あそん at 09:09Comments(0)電気自動車

2010年08月05日

暑いですね。

暑いといえばエアコンですが、車のエアコンについて。


EVの弱点といえばエアコンもその一つです。
ただでさえ少ない走行距離ですが、エアコンを使うことでさらに走行距離は減少します。コンバートEVの多くではエアコンを装備していません。コンバートEVのエアコンはコンプレッサーを動かすモーターを搭載する必要があります。EVラボのサービスでは、ATの他エアコンの装備もあるようです。

デンソーではプリウス用にヒートポンプ式のエアコンを開発しています。まずはHVからということでしょうか。EV用に販売してくれ、バッテリーのコストパフォーマンスが向上すれば、コンバートEVもエアコン装備が普通になるかもしれませんね。

エアコンといえば、アイドリングストップ車もエアコンにウィークポイントがありますね。アイドリングがストップすればエアコンもストップします。やはり電気式、ヒートポンプ式のエアコンの開発が待たれます。

ということで、バッテリー事故が増える?JAFの呼び出しで今でもバッテリー上がりが多いとか。  


Posted by 神前あそん at 21:46Comments(0)雑記雑感

2010年08月05日

100ZERO

スモールハンドレッドのコンバートEVの取り組みが加速しています。


EVファクトリー&マーケット「100ZERO」のコンバートEVです。

鉛バッテリー、エアコンなし、走行距離45~50Km程度で約130万円(工賃含む)ということで、まだまだ高額ではありますがコンバート希望が増えていけば価格はもう少し低下していくでしょう。他にも「EVラボ・電気自動車技研」ではもう少し安い費用で提供しています。


以下は100ZEROのコンバートEVです。(正しくはコンバージョンEVか?)




単なるコンバートEVではないアイデアがあります。
それの事業化についてパートナーや支援者を求めています。  


Posted by 神前あそん at 08:48Comments(0)

2010年08月04日

VWBeetleEV

EV AutoWorksのコンバートEV、VWBeetle EVです。


ここにアイデアがあります。
私の求める方向と同じかなと、いつも注目しています。


左、リチウムイオンBT 右、モーター





電気自動車や電気バイクに興味がある車屋さん、起業家さん、投資家さん、
ビジネス・パートナーやビジネス・エンジェル募集中です。  


Posted by 神前あそん at 21:57Comments(0)電気自動車

2010年08月04日

電動スクーターのBT

電動スクーターVOLTAシリーズのBTはシリコンバッテリーを使用しています。


VOLTA-01はオプション、VOLTA-02は標準でシリコンBTを搭載します。
本来ならリチウムイオンBTのような軽量かつ高容量のBTがベストですが、まだまだ高額なので安全かつ通常の鉛BTと比べコストパフォーマンスの高いシリコンBTはセカンド・ベストではないかと考えています。
今後リチウム・イオンBTの低価格化が進めば搭載して行きたいと思います。




ビジネス・パートナー、ビジネス・エンジェル(投資家)を募集しています。
ご興味をお持ちいただけた方のご連絡をお待ちしています。  


Posted by 神前あそん at 12:18Comments(0)電気バイク

2010年08月03日

ボルタ02

電動スクーターVOLTA-02について





価格:¥178,000-
原付一種仕様の電動スクーターです。
60V600Wインホイールモーター
最高速度50Km/h
一充電走行距離約65km
シリコンタイプバッテリー、アルミホイール、フロントディスクブレーキ

オプションにて回生充電機能。


パートナーや提携先を募集しています。
新規事業を検討中の自動車関係の皆様、起業家の皆様、ご興味がありましたらご連絡ください。共同事業化することも可能です。   


Posted by 神前あそん at 13:03Comments(0)電気バイク

2010年08月03日

スモール・ハンドレッド

中古車のEV化を事業にしようという取り組みが進んできました。


一充電の航続距離はBTの性能によりますが、鉛BTを使用して概ね40~50Km程度のようです。費用は軽自動車のEVコンバートで、費用が提示されているものを参考にして70万円~130万円といったところです。
EVラボ100ZERO、その他ワーゲン・ビートルなど旧車をEV化しようと提唱するEV AutoWorksなどなど。

費用については、最低限のコンバート費用で、エアコンなどはオプションになるようです。こういった事業に取り組むところが増えて、横のつながりが出来パーツの価格が低下しないと、東大村沢教授が提唱するような数のEVコンバートは難しいと思います。でも、エコ換えなんていって新車に換えることと比べるとエコ(エコロジー)ではあります。もうひとつのエコ(エコノミー)の方も解決しなければ。

で、自分もやってみたいなと。  


Posted by 神前あそん at 12:27Comments(0)電気自動車

2010年08月03日

プリウスPHEVキット

プリウスをプラグイン化するキットがアメリカでは販売されています。


キットは大幅に改造するタイプと簡易型があります。
大幅な改造をするものは改造費を含めて約150万円と少し高額です。
モーター走行で高速道路も走行可能は魅力ですが。

簡易型のキットは電池走行距離を増やすタイプです。
現状の電池に電力を供給するだけなので改造というほどではないです。
価格は取付け工賃を含め50万円以下の予定です。


簡易型のキットを設置するとこんな感じです。
トランク容量は変わりません。



バッテリーはリチウム、BMSとDC-DCコンバータ、充電器、プラグ口
米国のベンチャー企業の製品です。  


Posted by 神前あそん at 09:22Comments(0)電気自動車

2010年08月03日

性能について

電動スクーターVOLTA-01は48V600Wのインホイールモーター。


インホイールモーターのメリットは直接タイヤを動かすので高効率です。
デメリットはパンク修理が少し面倒、パンクしたまま走ると、ホイールだけではなくモーターの故障の可能性があることです。


画像は48V600W仕様(60V600W仕様も同型同サイズ)



パートナーや提携先を募集しています。
新規事業を検討中の自動車関係の皆様、起業家の皆様、ご興味がありましたらご連絡ください。共同事業化することも可能です。  


Posted by 神前あそん at 08:49Comments(0)電気バイク

2010年08月02日

発売予定

電動スクーターVOLTA-01について



価格:¥149,000-
原付一種仕様の電動スクーターです。
48V600Wインホイールモーター
最高速度35Km/h(トルクタイプ)45Km/h(高速タイプ)
満充電走行可能距離45Km
アルミホイール、リアBOX標準

オプションにてシリコンタイプBT、回生発電機能  


Posted by 神前あそん at 19:27Comments(0)電気バイク

2010年08月02日

初めまして!始めました!

kitemiにてブログを開設、初投稿です。


初めまして、石川県で電気自動車、電気バイクの製造販売を模索している弁茶なおやじです。

ブログを通じて、同じ夢を見ることが出来る仲間やパートナーと出会えたらと思います。いろいろやってきましたが、一人で出来ることは少ないです。


ということで、電気バイク(電動スクーター)や電気自動車についていろいろと書いていきたいと思います。  

Posted by 神前あそん at 16:05Comments(0)ご案内